さあ、山手線に乗ってゲームを始めよう!

山手線黒猫誘拐事件


2017年2月20日
最優秀賞を受賞
山手線を丸ごとステージにした、ゲームアプリ「山手線黒猫誘拐事件」

あなたが山手線に乗るとゲームが始まって事件が起こります。山手線が走ればゲームも進み・・あなたは奇妙なできごとに出会いながら、謎を解いて行く・・・それは山手線でしか体験できない不思議な世界!
実は謎を解いて行くうちに、現実の山手線のこともだんだん深く知ることができるんです。そして、いつのまにかゲームと現実が一体になってくる、かもしれませんよ!?




「山手線黒猫誘拐事件」

iPhone版 は、こちらから
Android版 は、こちらから
「山手線黒猫」で検索でもOK!
無料です、ぜひ、山手線で体験してみてくださいね!


リリース資料(QOLPサイト)は、こちらから



トレインストーリーゲーム「山手線黒猫誘拐事件」について

音波ビーコンを使って検知される山手線の列車位置情報を使い、列車の進行でリアルタイムにストーリーが展開する新しい体験を提供します。(※特許出願中)
JR東日本とNTTドコモのテストマーケティング・プロモーション支援を受けて、2017年9月にリリースし、現在各種タイアップ企画を募集中です。「山手線黒猫誘拐事件」は、山手線という世界を「メディア」にするアプリです。
また、山手線ビーコン以外の各種位置情報による応用展開も可能です。

Game Story

私は探偵。ある日、相棒の黒猫ミーが行方不明に。そこに何者かのメッセージが届く。
「ミーに会いたければ、山手線に乗りなさい。」

山手線で起こる不思議な出来事。
次々と出会う、個性豊かな奇妙な人物たち。
何気ない日常が異世界とつながる物語のはじまりです。

複雑に分岐するストーリーを進め、山手線トリビアの難問クイズを解き、
無事にミーと再会を果たすことができるのでしょうか?

「山手線ビーコンを使ったアプリコンテスト」について

JR東日本とNTTドコモが、オープンイノベーションの取り組みの一環として、列車など「移動」に関わる時間の質的向上を目的として共同開催したコンテストです。(コンテストの公式サイトは、こちら。)
山手線全車両に搭載されている音波ビーコンから出力される人には聞こえない非可聴音をスマートフォンで検知する位置情報検知サービス「Air Stamp」を利用して イノベーションを起こすことを目指します。
2017年2月に大宮の鉄道博物館で最終審査会が行われ、弊社の「黒猫誘拐事件」が最優秀賞に選ばれ、テストマーケティング・プロモーション支援を受けることになりました。

紹介動画(YouTube)は、こちら

3分版。コンテストのときに提出したもので、細かい内容やデザインは正式版で変わっていますが、イメージはおわかりいただけると思います。